第42回千葉マリンマラソン -Workout Vol.098-

Today’s Workout

概況

先週日曜日の記事で風邪を引いたと書きましたが、翌日に病院に行ったところなんとインフルエンザでした。と、いうことで先週は会社を休んで療養に専念していました。幸いにして4日ほどで熱も引いたのですが、前日も喉の痛みが残りランニングを再開することができませんでした。出場しようか、DNSとしようか逡巡しましたが、せっかくエントリーしていることですし出場することにしました。とは言え、インフルエンザ前に比べて3kgも体重が落ちている中での出場となりました。

コース


幕張メッセの前の道路をスタートし、海沿いを千葉ポートタワー方面へ走ります。千葉市中央卸売市場の交差点を左折し、稲毛駅近くにある7km地点付近が最初の折り返しポイントです。折り返し後は来た道を戻り千葉市中央卸売市場の交差点を今度は左折し千葉ポートタワーに向けて走ります。その後、埠頭の突端付近まで行くと折り返し、千葉マリンスタジアム方面へ向きを替えます。途中で稲毛海浜公園に寄り道し公園内を1周し、ゴールのある千葉マリンスタジアムに戻ります。

レース内容

スタート

私のスタートはNブロックと全体からすると中団より少し後ろの位置となりました。病み上り&初のハーフマラソンということで、6:00/kmで走り2時間6分を目標タイムに設定します。
スタート時間の9時50分になっても号砲らしき音は聞こえませんが、周囲からスタートしたみたいなどという声が聞こえます。すると少しづつ列がゆっくりと前に進みだします。スタート地点に至ったのは4分30秒ほどが経過してからとなりました。5km関門の閉鎖時間は35分です。この程度のロスなら閉鎖前に通過できそうです。

0~5km

周囲の持ちタイムが大きく変わらないのか、極端に早く行く人もおらずペースを乱されることはありません。しかし時折、ペースの早い人が追いにいていったり、私より早いタイム申請だったブロックの人が落ちてきたりします。そんななか、6:00/kmのペースの維持を心がけて走ります。
すると4kmを過ぎたあたりで後方から歓声が上がっています。見ると高橋尚子さんが「まだ序盤ですよ~、頑張ってくださ~い」などと声をかけ、ハイタッチをしながら走ってきます。思わず私もハイタッチをしてもらいましたよ。

5~10km

5kmを過ぎたあたりから想定外の事態を実感します。気温です。過去の千葉マリンマラソンを走ったランナーのレポでは一様に寒かったとの感想が書き込まれています。冬場に海沿いを走るわけですから海風も寒いのでしょう。
そのため寒さ対策として上半身は長袖のインナーに、長袖のウェアを重ね着していました。あとで知ったところではこの日は10度以上の気温になったようです。寒さ対策をしっかりしたのが裏目に出でかなりの暑さを感じます。途中で止まってインナーを脱ごうかと思ったのですが面倒ですし、タイムもロスするので我慢することにしました。
稲毛駅付近を折り返した7km付近地点には最初の給水ポイントがありました。もらって飲んでみると冷やした水でしたので飲むとともに頭からかぶります。

10~15km

13km地点を過ぎたあたりで、体に異変を感じます。実はこの日の朝食はコンビニのおにぎりと肉まんを1個づつのみでした。しかも出がけにバタバタしたので、走る前に飲むアミノ酸のゼリー飲料を忘れるという大失態を犯していました。それがこの時点にきて完全なガス欠を起こしたようです。完全に糖質不足で足が動かなくなっていきます。おまけに空腹で腹が鳴るという最悪の事態です。気持ちは走りたいのに足がついてこないという状態になりペースが大幅に遅れ始めます。

15~20km

15kmを過ぎると、とうとう足が動かず歩くということを繰り返すようになります。途中で反対車線を回収車らしきバスが走っているのを見ると、このままリタイヤして回収車のお世話になってしまおうかと弱気な気も起きてきます。
稲毛海浜公園のないのコースはなかなか良いコースです。緑も多いですし、木々の間からチラチラ海が見えるというのも良いです。しかし私の方は走ったり歩いたりということを繰り返し、ようやくのことで公園ゾーンをクリアします。

ゴール


20km過ぎからは少々、コースが変でした。まだ閉門時間になっていないのに車道ではなく歩道を走るよう誘導されたり、再び車道に戻らされたりします。閉門時間に間に合わず交通規制が解除されてしまったのならば仕方がありませんが、制限時間内のこのコース誘導は疑問です。
ようやくのことで千葉マリンスタジアムが見えてくると後は、最後の力を振り絞って走ります。すでに足もかなり痛みますが我慢です。そうしてようやくゴールとなりました。途中でガス欠を起こし歩いてしまったこともあり、目標タイムをネットでも12分ほどオーバーしてのゴールとなりました。

ラップタイム


前半は予定通りの良いペースで走れていましたが、後半はぐちゃぐちゃです。やはりベストのコンディションで臨まないとだめですね。

ペース・心拍数・ケイデンス


歩いていた時間帯があるせいか、平均の心拍数は155bpmと低めです。今回は走っていても息が苦しいとかは全くなくひたすら足が動かないという状態でしたからね。

本日の振返り

やはりインフルエンザ完治から2日でのハーフマラソン出場というのは、少々無理があったようです。直前まで出場を悩んでいましたが、DNSとするのが本来は正解だったようです。それに加えてハーフマラソンならカーボローディング的なものは不要だろうと思っていたのも失敗のもとでした。10km程度の大会なら空腹のまま走っても良いでしょうが、やはりそれなりの準備が必要だったようです。

今回の大会では自分の準備面にも課題が残りましたので、次回にはその経験を活かし、しっかりと準備して臨みたいと思います。


コメント記入欄

※メールアドレスは管理者のみに通知されます。