Garmin Vivosmart HR

ランニングの際にはGarmin ForeAthlete 235J(以下、235J)というランニングウォッチを使用しています。そうなると必然的にGarmin Connect というサイトで、ランニングに関する記録を管理していくことになると思います。しかしGarmin Connect にはランニングに関すること以外にも、様々な管理項目があります。

せっかく機能があるのに使わないのはもったいない、そう思って同じGarmin社の活動計を購入しました。それがGarmin Vivosmart HR という活動計です。米国で購入しましたので、末尾にJのつかない英語モデルです。ちなみに日本語モデルに関しては、Amazonでも購入可能です。

こちらの活動計を使って管理できる項目は以下の通りです。

  1. 歩数
  2. 心拍数
  3. 階段を昇った階数(※)
  4. 運動時間
  5. 消費カロリー

そのほかにも天気予報や気温なんかも表示してくれます。またスマホにLINEやメールなどの通知があった場合も、お知らせしてくれるのですが私が買ったのは英語モデルなので残念ながら日本語の表示はできません。(※)印以外の項目については235Jでも計測はできるのですが、日常使いには大きいですし何よりリチウムイオン電池の劣化が心配です。

実際に使ってみると意外と装着感もなく、つけていても邪魔になることはありません。充電もカタログ上は1度の充電で5日持つとされていますが、実際には1週間持ちますので週末のランニング中に充電しておけばOKです。日々の相棒として活躍してくれることになりそうです。

2 responses on Garmin Vivosmart HR

  1. ひっきー より:

    ランニングで消費するカロリーは、日常生活のほんの一部なので、普段の活動を計測できるのは良いですね。
    メールが来ると教えてくれるのも便利そうです。
    小型でスマートなので、ずっと着けていても違和感がなさそうです。

    1. ま~く より:

      ひっきー さん

      ありがとうございます。
      購入してからはずっと装着して生活していますが、違和感もなく重宝しています。ちゃんと寝たにも関わらず寝起きが悪い日なんかは、こちらのデータを見ると深い眠りの時間帯が少なかったりと納得することもあります。


コメント記入欄

※メールアドレスは管理者のみに通知されます。