Runkeeper(無料版)とRunkeeper Go(有料版)の違い

筆者が使用しているランニングアプリ『Runkeeper』には有料プランとなる、『Runkeeper Go』というプランが用意されています。月額9.99 USD(または年額39.99 USD)を支払い有料会員になると、以下の機能が使用できるようになります。

  • Progress Insights
  • プログレス・インサイト:過去のランニングやサイクリングなどの全データを俯瞰的に閲覧できる機能のこと。無料会員でも、過去のランニングデータを一つ一つ見ることは出来るのが、「全部」「今年」「半年」などの期間を設定してグラフ表示できるようになる。

  • Compare workouts
  • ワークアウトを比較:似たようなワークアウトを自動的にランク付けし、ペースや標高上昇を比較します。

  • Prescribed workouts
  • 既定のトレーニング:達成したいことを目標に対しし、あなたに合ったトレーニングプランを作成するのに役立ちます。プラン期間の励ましや提案を行ってくれる

  • Premium training plans
  • プレミアムトレーニングプラン:各週に行うべきワークアウトを表示してくれる

  • Weather insights
  • ウェザー・インサイト:走行時の天気を洞察?

  • Live Tracking
  • ライブアクティビティトラッキング:現在のアクティビティをリアルタイムでSNS等で共有できる

筆者自身はRunkeeperの、無料版のみを使用していますので利用結果のレポートではありませんが、調べてみるとこんな違いがあるようです。やはり無料版のままで良さそうな感じです。


コメント記入欄

※メールアドレスは管理者のみに通知されます。